Georgia Life

2009年 難しい年になりそうだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07/14 [Fri]

夏ですね。

やっと待ちに待った夏がやってきました。
このじっとりとした空気。
名古屋にいたときはこの空気が嫌で北海道に飛ぼうって決意した位なのに、北海道にいるとたまにこのねばねば感が恋しくなるものだ。こんなのが何ヶ月も続くのは嫌だけど、一年のうち一ヶ月くらいは汗をかくくらい熱い気候であってくれると一番うれしい。でも地球温暖化はいやだ。

不思議とこんな暑くなると、ロンサムな気持ちもやわらぐもので、最近たくさん友達増えたし、いろいろ出会いもあったりして、いい感じで飛行している気がする。今は気持ちよく飛行できているけれど、着陸できない。なんか着陸したらもう一度フライトに出ることができなさそうな気がして。飛び続けることに若干疲労感を感じつつもしばらくは空中給油を繰り返して飛行をつづけることになりそうだ。八月お盆過ぎ、突然おれを襲うあの冷たい風、あの風に当たると急にロンサムを感じる。あいつが現れるまであと1ヶ月。夏はあと1ヶ月。ぼやぼやしていたら夏は終わってしまう。

だからもう、遊ぶしかないね。実は本当にやらないといけないことなんてそんなにないんですよ(by後輩)。要は何をやりたいか、それが~~一番大事~~~~。WooWooWoo~~~♪


byジョージ


↓新コーナー試作

なんとなく主張するコーナーVol.1

地球温暖化を考えるのならこのまま北海道にいることが俺の体にとっては最高の条件なんだろうが、いいのやら悪いのやら。みなさん早く気づきましょう。地球の環境はものすごいスピードで変化しています。ある研究者は、これから十年の間に日本で異常気象による食糧危機が発生するだろうと言っています。またあるジャーナリスト(だったきがする)は、食料がない状態ってのはわかりやすく言うと北朝鮮のような状態になるってことです、って言ってた。

今日本人は当たり前のように食べているけれど、食料自給率はたったの40%。日本中の畑にジャガイモを植えればかろうじて生き延びることはできるらしいですが、、、ね。こんな自給率なのに日本の耕地面積は減少する一方。売れないんですよね、国産の農産物。高くて。スーパーに行ったらいろんな食材が並んでいる。でも8割方の消費者の選択基準って値段でしょ?同じトマトなら安いトマトを買うだろうし、1つ150円のりんごを買うのにさえためらうものだ。

だいたい農家が日本人(サラリーマン)と同じだけの給料をもらうにはそれなりに農産物の価格がたかくないといけないじゃん。安い農産物を作るためには・・・・。生産効率を上げるにはたくさん農薬が必要じゃん。農薬減らしたいのなら遺伝子組み換え作物導入しないと。欧米みたいに農業を支える補助金がしっかりしてりゃいいけど、日本の農家が日本で食っていくことってとても大変なんすよ。

経済は発展し続けることで成り立つとかいうけど、経済至上主義にしらずしらずのうちにのみこまれてしまっていることに早く気がつきましょう。思うに、今みなさんの生きている社会は「世の中金だ」社会です。金で豊かさを比較する社会です。そんなつもりじゃなくても、この社会で自分が特別な行動をしていない限りこの社会に生きているんです。社会に対して何も声をあげていない限りはみんないっしょです。食っていけることがどれだけ豊かなことか知らないなんて、こんな貧しい社会はないですよね。

都会の皆さん、これからもメシを食っていきたいのなら、決して安い人間にはならないでくださいね。スーパーに行ったら値段以外にも産地とか品質とかちゃんと見ましょうね。国を作るのは政治家ではないんですよ。

byジョージ
スポンサーサイト

[Comment]

 

  • tai 
  • URL 
  • at 2006.07.14 21:33 
  • [編集]
こんな現代だからこそ原点回帰が必要なのかもしれない
ニートとかを全部農業労働者にすれば後継ぎ問題とかも解決するのにな
農業は割りと好きです
野菜も好きです
1次産業守っていきたいよね
多分そのうち1次産業保護法みたいなのができるんじゃないかな?

Comment_form

管理者のみ表示。

[Trackback]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。