Georgia Life

2009年 難しい年になりそうだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04/01 [Sat]

今年度を振り返る

人生で一番波乱に満ちた年度だったんではないでしょうか?
丁度いい節目ですので、今年度の怒涛の展開を明らかにしておきましょうか・・・
 
4月、家を解約して会社の研修所に寝泊り
家がないというのが精神的にかなり応えました
誕生日の4月4日に辞令がでて、
なんと北大病院担当w
このときほど面白かったことはないです
最速で家を決めました
前の家とほとんど同じ場所
それが今の家です
 
社会人としてデビューしたわけですが、
劣悪な労働環境を目の当たりにし、
労働の法律の勉強をしました
すると、うちの会社はひどく違反してました
レッツバトルですよ
しかし、法律をかじっただけの新人では何も変えることはできなかったのです
様々な考えのもとに、
将来を考え直しました
このままではきっとダメだ
ここで一度本気になって何かをしなければならない
そして、結論は社労士になるに落ち着きました
夢を見つけたのです
これまでの人生、正直自分で本気で勉強したことはありません
受験も、運のみで受かったようなものです
だから合格を知ったときも、ふ~ん、くらいでした
しかし、今回は本気で自分の意思ですから、
合格が決まったら嬉しくて涙するかもしれないですね
というわけで、1月の終わり頃に退職
退職届を出すのはなかなかタイミングがつかめず苦労しました
そこから新生活に入ったのです
 
新生活の第1歩は、
資格学校に通うか、独学でやるかの選択でした
生活資金は、これまでに溜めた貯金のみです
資格試験まで生き抜けるだけの微々たるものです
しかし、独学ではかなり厄介な分野であると判断し、
結局虎の子の10万程を学校に払いました
これにより、少しでも長く生き延びるために、
バイトをすることにしました
バイトくらいの時間の拘束なら勉強には差し支えないでしょう
フリーターってやつですか
それとも学生になるのか?
バイトは深夜バイトを選び、少ない時間で高い時給をもらえることになりました
この辺がうまいです
ということで、学生とバイトの2重生活をしているわけでございます
 
社労士の試験は8月の最後の日曜日
一年に一回のみ
合格率は約9%
ということは、高校のクラスとかで、30人のクラスなら、
Top3に入ればOK
問題ないな
自信はあるけど、結構変なシステムの試験で、
誰しもが落ちる可能性を秘めた恐ろしい資格です
背水の陣で挑む俺の挑戦
賭けたのは俺の人生
最大のギャンブルに今挑む
スポンサーサイト

[Comment]

 

  • タイちゃん 
  • URL 
  • at 2006.04.19 13:22 
  • [編集]
一大決心というほどでもないよ
今の世の中、転職時代ですから、
文句ばかり言っていて動かない方がかっこ悪いと思ったわけですよ
自分なりの有言実行
でもそうしてよかったよ
体にガタがきてたし

 

  • エージ 
  • URL 
  • at 2006.04.15 13:02 
  • [編集]
タイは去年一大決心をしたんだねえ。
ジョージもそうだけど、自分の夢に向かって進むことはステキだよな。
想いは叶う!俺も仕事頑張ろーっと。

Comment_form

管理者のみ表示。

[Trackback]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。